ハンドボールをビジネスとして盛り上げたい。

 

 

Jリーグプロ野球のようなビジネスを、ハンドボールで行いたい!

 

ハンドボールって日本ではマイナーだけど、ヨーロッパではすごく人気。

 

バルセロナとかパリサンジェルマンとかはハンドボールのチームもあるんだよね。

 

サッカーとは違うスポンサーで、胸に違うロゴがあって違和感あるけど(笑)

 

ビジネスモデルとしては、

チケットやグッズの収入→選手の年棒UP→チームが強くなる→チケットやグッズの収入→.....

ってな感じかな。

 

ハンドボールのメリットは小さい会場でも行える点。

サッカーや野球と違って、競技場やスタジアムでやる必要がない。

それを利用して、ショッピングセンターに体育館を隣接させ、買い物ついでにふらっと試合に足を運べるような設計にする。

チケットやグッズの収入のほかに、ショッピングセンターとのイベントによる収入を得る。

 

逆に、市民体育館などの小さい会場では、地域の人をたくさん呼び地域に密着型にする。

近隣の学校に教えに行くなど、地域に愛されるようなチームを作り、絶対的なファンを作る。

 

ほかにも、ハーフタイムには公募で集めたアーティストのパフォーマンスを行い、観客を飽きさせない会場づくりをする。

普段は表に出ないアイドルや芸人に無料でやらせる。

アーティストはハンドボールを観に来た人に知ってもらい、アーティストを見に来た人にはハンドボールを知ってもらえる。

 

また、人気選手のファンクラブを作り、にわかファンを取り込むことにより、ハンドボールというスポーツではなく、選手という資源を有効に使う。

ハンドボール選手はイケメン多いと思う。

小学生や高齢者の入場料を無料にして、来場の記念でグッズを買ってもらうことにより収益を得る。

 

SNSとの連動を効果的に行い、来場者から外部に広める。

MVPを来場者の投票によって決めることによる、選手のモチベーション向上、リアルな来場者の反響確認、試合終了後の楽しみの提供、などが行える。

 

人気女優やアーティストを選手を結婚させたり、歌ウマ選手権に参加させたりして、戦略的にハンドボールを広めることも必要。

 

ただ、そのビジネスをはじめるにあたって、ハンドボール知名度と人気を上げることが必要。

プロの試合や日本代表戦は定期的に行われており、地方局でTV放送されているが、視聴者は限られている。

ハンドボールの代表的な選手が少なく、知名度が上がりにくい。

宮崎大輔くらいでしょ。

そのため、広告やCMを積極的に出す。

五輪効果も大切。

 

将来はどこかのチームをマネジメントしたい!

フロントってやつかな。

 

でも今こうして思ってる人はどれくらいいるのかな。

 

今って、このブログとかSNSで同志は集めれるし、クラウドファンディングでお金も集められるし。

 

やろうと思えばすぐにできるんだよね。

 

必要なのは時間。

 

明日やろうはバカ野郎!

 

まず今できることはこのブログを広めることかな。

 

でも、2020東京五輪までにはやってみたい。

 

ハンドボール協会にお願いして、このビジネス協力してもらおうかな。

 

頑張ります。

 

協力してくれる方コメントください!!

 

 

YOLO

ラテラル

「変わってる」って何だろう。

「やっぱり、君って変わってるよねー」

よく人から変わってるねって言われます。

好きな人のタイプとか
変なところにこだわる事とか
機嫌悪いと静かになるところとか。

でもさ、
「変わっていない」人
なんていないよね。

みんなそれぞれ
違う人間だし、
考えも違うし、
好き嫌いも違う。

そんな中で、「変わってる」なんて
言うほうが間違ってる。

だからと言って、
「いや、同じ人間なんていないやん」
って口答えはしないよ。笑


なにが言いたいかというと、

変わってて良いんだよ。

自分の好きなことをして良いんだよ。

自分がいいと思う道を進めば良いんだよ。

ただ、常識や道徳の上でね。

自分の殻に閉じ込まらずに、
自分を主張していこう。

君は変わってるよ。
皆も変わってるよ。


YOLO

ラテラル

運動部で挫折しそうな君へ。

私はスポーツが好きだ。

 

何をやらせてもそこそこはできる。

 

小中学校ではサッカー部、

高校大学ではハンドボール部に所属していた。

他にも、

母親がやっていたバレー

昼休みにやったバスケ

ソフトボールなど

中の上くらいだ。

 

でも、一番にはなれない。

突出したものがない。

いわゆる「無難」なタイプ。

 

そんな私は唯一スポーツにおいて誇れるものがある。

 

それは、頭を使うこと。

ヘディングということではなく、

脳ミソを使うこと。

 

戦略やモチベーションなど、

直接プレーに出るわけではないが、

チームスポーツには必要なもの。

 

運動能力のポテンシャルがない私には

これしかないと思えるもの。

 

正直、スポーツはある程度であれば

スピードやパワーでどうにでもなる。

でも、私にはそれがない。

 

もしも、あなたが

自分の運動能力がない、

周りの人に勝てる気がしない、

スポーツをやめたい、

と思っていたら

その旨をコメントしてください。

 

チームメートは仲間であり、ライバルでもある。

自分の弱いところは見せたくないと思う。

だからこそ、私に相談してください。

 

私もたくさん悩んできたし、

たくさんの壁にぶつかってきた。

 

でも、それらを乗り越えたから今があると思う。

 

一緒に頑張ろう。

 

YOLO

ラテラル